読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらねの日記

プログラムの進捗やゲームをプレイした感想などを書き連ねる日記。

bindkey -v の一部分を<nop>にしたい

Vim

結論

bindkey -M vicmd 'j' undefined-key

bindkey -v はじめました

ターミナルを使っていて,ちょっと不便に思っていたのが,コマンドモードが使えないとこ. 半ばvim教徒の人間にとってデフォルトの操作では不便を感じてしまうのだ.

他のプロのzshrcを眺めていたら,bindkey -vという記述を見掛けた. 調べると,vim bindでターミナルを操作できるらしい.

神だった

端的に感想を述べると神だった.今まで欲っしていたものはこれだ!!!!!これだったんだ!!!!という感じだった.

今まで使ってきて手慣れた操作を別に登録していいとこ取りしてあげることで,素晴しい使い心地となった.

問題点が一つ

ただ唯一,jk ESCに関する問題があった.モードがins,cmdのいづれであるのも関わらす,とりあえず,jkを押すような人間なので,down-line-orhistoryやら,up-line-or-historyが呼ばれて入力しているものがずれることがあって困る. 前の履歴とか調べたいときは,C-PNhistory-beginning-searchを使うのでやめて欲しいのだ.

NOPにしたい

keybindを消してさしあげたかったが,消し方がわからなかった. しかもbindkey -Dで消そうとしてもなんか消えない.bindkey -D 'j'やらbindkey -D -M vicmd 'j'やら試してみたけどだめだった.

しょうがないのでbindkey -M vicmd 'j' undefined-keyをした.

なんか微妙にかっこわるいのでもっと良い方法があると思う.